隙間
メイン画像
庶民から生まれた優雅な遊び、投扇興
投扇興

扇を投げて的を落とす・・・優雅な日本の伝統遊戯、投扇興。
イメージとしては平安王朝的な雅を感じさせ、古いゲームと思っている人もいるようですが、実は江戸時代に庶民から起こり、庶民の間で流行った遊びです。
台の上に蝶と呼ぶいちょう形の的を立て、1メートルほど離れた所にすわり、開いた扇を投げてこれを落とし、扇と的の落ちた形を源氏54帖になぞらえた図式に照らして採点し、優劣を競います。 源氏物語形式の他にも、百人一首形式など全国にさまざまな遊び方があります。

安永2年(1773)の「投扇興図式」の序によると、投扇興は京都に起こったものと伝えられています。別の「武江年表」という文献には大阪発祥とする説もあります。 そして、この遊びの発想の根元は、中国から伝来した投壺(とうこ、つぼうち)という遊戯だといわれています。

サブメニュー | トップ サブメニュー | ボトム
隙間